Home > Search

category:和食 による検索結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『川嶋家寿司本店』

田舎に行くと大抵どこかに一件ぐらい「名前は寿司屋なんだけど鰻とか仕出しもやってて、ちょっと人が集まる時なんかに重宝されている店」というのがある。
わたくしは昔からこの様な、和食よろず食堂ともいうべきいいかげんな運営方針の店に少なからず好意をいだいていて、旅先などでそういう店を見つけたりするとついつい足を運んでしまう。
別になにを食べてもびっくりするほど美味しいということはないのだけれど、地元の酒や珍味なんかもちょっとおいてあったりして、昼からのんびり酒を飲んだりするのにちょうどよいのである。
ここ、川嶋家寿司もそんな感じのお店です。
鮨やら鰻やら焼き魚やら、いろんなものが欲望の赴くままに食べられる。
飲食店の業態細分化や住み分けが進む東京という土地にあって、このごちゃ混ぜ系和食屋ってのは逆に貴重な存在のような気がするなー、などと思いながら定食をもぐもぐする休日の昼下がり。

RIMG3927.jpg
しらす丼、900円。

RIMG3934.jpg
焼魚定食(鯖)、700円。
油ののったサバが美味い。
あと、食後にコーヒーを出していただきました。

RIMG3930.jpg


住所:杉並区高円寺南3丁目4-2
category:和食
category:定食・丼

『うどん屋てんてこ』

【追記】2011年6月4日
某日、てんてこで饂飩を食す。
相変わらず美味いなー。と感心。

RIMG4887.jpg
釜玉うどん、550円。
最後にかけだし(100円)を追加して食べるのがオススメのようです。

RIMG4883.jpg
土ゴボウ天、280円。
前回とても気に入ったので、ビールのつまみに単品で注文。
カレー塩で食べて口福。

RIMG4892.jpg
豚みぞれうどん、700円。
とても身体があったまる。柚子胡椒を入れて味を変えられるのも良い。

------
【初回エントリ】2010年9月12日

9月7日に庚申通りにオープンしたばかりの「うどん屋てんてこ」。
オープン前に店の前を通りかかったら小麦の袋が山積みされていて、「おお、自家製麺かー」などと開店を楽しみにしていたのである。
で、早速お邪魔してみたのだけれど、うむうむ、非常に麺にコシがあって美味い。
トッピングの揚げものもさくさくで良い感じだし、かなり気に入りました。
もう少し涼しくなったら、今度はあったかいやつを食べに行こう。
今後とも頑張ってください!

RIMG4122.jpg
ちく玉天ぶっかけ、750円。
麺はかなりしっかりとしたコシがあって、歯ごたえそのものが美味しい。
たまご天は揚げてる途中で割れちゃったからと、その分の値段を引いてくれたのだけれど、なんか逆に申し訳なかったです。

RIMG4126.jpg
土ゴボウ天ぶっかけ、750円。
ごぼ天がサクサクで香りも良く、とてもおいしい。

RIMG4118.jpg
お客さんがたくさん入っていて、お店の方はその名の通りてんてこまいです。

RIMG4129.jpg


住所:杉並区高円寺北2-22-11
category:和食

『更科』

はい、というわけで「高円寺蕎麦・暖簾御三家を巡る旅」(?)、最終回の更科です。
前回からチャーミーグリーンで首を洗って待っていた蕎麦好きの人、大丈夫ですか。首とかかぶれませんでしたか。

高円寺周辺の更科を冠する蕎麦屋には、高円寺駅近くの「更科丸屋」と新高円寺方面の「更科」があるのだけれど、今回は新高円寺の方にお邪魔することに。
で、さっそく店内に転がり込んだわたくしは、高円寺の御三家食べ比べなどと言っておきながら、ざるそば・牛丼セットという、おっさんが仕事の合間に駅前の立ち食い蕎麦屋で注文するようなメニューを注文。
だってねえ、麻布十番の更科三件食べ歩きみたいなスノッブなことやってる訳じゃないんだし。好きなもの食ったらええねん、そんなもんやねん、などとぶつぶつ言い訳していると、同行した嫁は迷うことなくうどんを注文。なぜだ。
更科の特徴と言えば、「精製度の高い蕎麦粉(更科粉)を使った白く高級感のある蕎麦」ということになる訳なのだけれど、牛丼と一緒に出てきた蕎麦は、うーん…確かにちょっとだけ白い…ような気がする。けど…やっぱり気のせいなのか…?昔食べた更科堀井の蕎麦はもっとずっと白かったような…。だけど、嫁の頼んだうどんは…なんてこった…堀井の蕎麦よりさらに白いぜ…あたりまえだけど…。
というような、蕎麦通の人が聞いたらマジギレするような感想でお茶を濁しつつ、美味しく完食。

えー、そんなわけで、もはや何が「高円寺の御三家食べ比べ」なのかわからぬ空前絶後のグダグダ感なのだけれど、高円寺の蕎麦屋はどこも下町風で、店々に個性があって楽しい。
こういう「他人の家にお邪魔してる」感のある蕎麦屋で、のんびり酒でも飲みながら蕎麦を食うというのはなかなか良いものです。

今日も暑いみたいだし、ちょいと蕎麦でも手繰りに行くかなあ。

RIMG3988.jpg
冷酒とか玉子焼きとか蕎麦がきとか、そういう粋なものは頼みません。
暑い夏にはビールがあるじゃないか。

RIMG3991.jpg
ざるそばとミニ牛丼セット、1000円。
蕎麦が若干白く見えるのは、更科粉ではなく小麦粉の配合によるものかと。

RIMG3994.jpg
冷しスタミナうどん、800円。
蕎麦屋に来て、あえてうどんを頼む心意気を評価していただきたい。(嫁談)

RIMG3986.jpg

RIMG3995.jpg



住所:杉並区阿佐谷南1-4-2
category:和食
←【Newer Entries】 新しい記事古い記事 【Older Entries】→

Home > Search

Page Top

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。