Home > スポンサー広告 > 発作的タイ旅行記【2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://yokey.blog90.fc2.com/tb.php/4-aef66027
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 高円寺鶏

Home > スポンサー広告 > 発作的タイ旅行記【2】

Home > 旅行 > 発作的タイ旅行記【2】

発作的タイ旅行記【2】

空港を出たバスは、牧歌的といって差し支えないような平坦な道を走って行く。草地が夕日に映えて、黄金色に輝いている。
空港のフェンスに沿いに、車やバイクがぽつぽつと並び、家族連れや恋人たちが一様に空を見上げている。ひっきりなしに飛び交う飛行機の離発着を眺めに来ているのだ。その光景は、まるで夏祭りの打ち上げ花火を見に来ている人々にも似て、なんだか懐かしいような既視感を覚える。
上着を脱いで窓を開けると、先ほどまでの濃密に甘い空気が流れ込んできて心地よい。理不尽なほど重量感のある飛行機が着陸態勢のまま、頭上すれすれをかすめていく。
バスの運転手、トバす。
ハイウェイに入ったところで、左側を別のバスが高速で抜いていく。前の席に座った運転がちっと舌打ちをする。ぐんとスピードが上がり、恐る恐る運転席を覗き込むと、スピードメータの針は120㎞あたりでふるふるしている。ろくにサスペンションの利いていない小型バスが楽しげに揺れる。隣のへそピアスが爆笑して奇声をあげる。ノーヘルでタンデムしたバイクが矢のようなスピードで追ってくる。
そう、ここはタイである。

hossathai2.jpg
■ネオンと人種の混交。パトカーが目に付く。

市街に入り、やっとスピードを落としたバスの中で胸をなでおろす。
あたりはぼんやりとした薄闇につつまれ、いつかどこかで見たような古びて雑然とした町並みがゆっくりと流れていく。まだ熱いトタン屋根の上を、のんびりとした足取りで猫が歩いている。
バックパッカーの聖地(最近はそうでもないみたいだけど)、カオサン着。
この時もまだテロのことは知らなかったのだが、バスを降りてカオサンストリートに入ろうとしたところで、かなり厳重な荷物のチェックを受ける。
なんやろね、などとつぶやきつつストリートに足を踏み入れると、そこはネオンと人種の混交と物売りと喧騒と、眠りを待たない時間の濃密な音楽。至るとこから立ち上るたべものの匂い。夜の安定した気温が肌に心地よく、相変わらず風のない路上に全てが沈滞している。行き交う人々の波だけが、その空気をゆっくりと攪拌している。
コンビニでビールを買い、路肩に座り込んでぼうっとその喧騒を眺める。
そうしているうちに腹が減ってきたので、さらにビールを買い足しつつカオサンからちょっと外れた場所にある路地で見つけた屋台で夕食。

hossathai3.jpg hossathai4.jpg hossathai5.jpg
■路上飲酒。⇒屋台の風景。⇒夕食。

たくさん並んだ惣菜の中から、何かの魚のフライ、茄子の炒め物、レッドカレーをえらんで、タイ米の上に乗せてもらう(40B)。どれも美味いが、茄子の炒め物は複雑な味を含んで、酢と砂糖をかけるとなんともいえない精巧な風味。路上の屋台で作り上げられたにしては出来すぎていて、ビールを飲みすぎてしまう。
その後、カオサンに戻って通りをぶらぶらし、D&Dinnという宿に身を落ち着ける。
深夜、再び腹が減ったので、懲りずにビールを飲みながら路上の屋台でパッタイ(25B)を食す。
シンハービール40B、チャーンビール35B、マルボロ60B。
タバコの箱の上には、死ぬほどわかりやすいメッセージ。
ご親切に、どうも。

hossathai6.jpg hossathai7.jpg hossathai8.jpg
■路上の猫。⇒パッタイ製作所。⇒ご親切に、どうも。

本日のベストショット。
屋台を収めるリヤカーの上に乗せられた子供。
hossathai9.jpg

【続く】

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://yokey.blog90.fc2.com/tb.php/4-aef66027
Listed below are links to weblogs that reference
発作的タイ旅行記【2】 from 高円寺鶏

Home > 旅行 > 発作的タイ旅行記【2】

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。