Home > スポンサー広告 > ad hoc hypothesis

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://yokey.blog90.fc2.com/tb.php/439-fb7be92e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 高円寺鶏

Home > スポンサー広告 > ad hoc hypothesis

Home > 鶏頭かく語りき > ad hoc hypothesis

ad hoc hypothesis

どうあっても自説を曲げない人がいる。
これが友人であれば、「あほか、この偏屈が。顔を洗って出直してこい。チャーミーグリーンで」などとやさしく窘めることもできるのだけれど、ビジネス上の関係となるとそうもいかない。
幸いにしてわたくしはあまりそういう頭の固い人と仕事をする羽目になったことはないのだけれど、先日コンサルティングソリューション関係の仕事をしている友人に、あるクライアントの話を聞いて考えさせられた。
まあ、あまりはっきりと書くわけにもいかないので詳細は適当に変えてしまうけれど、大筋は以下のような感じである。
そのクライアントは自社商品の売上低迷に悩んでおり、A君にある仮説を提示した。
「うちの商品が売れないのは、実は日本人の大半が人間のふりをした河童だからではないか」
実にこまったおっさんである。
だが、A君は先方が重要なクライアントであるため、それに対して具体的な返答を用意しなければならなかった。
普通に考えれば、
・河童というものの実存が確認されていないこと
・河童と人間の生物学的な違いが定義付けられていないこと
・日本人の大半が河童であるという仮説が統計に基づいたものではないこと
・顧客の大半が河童であることと商品の購買傾向に明確な因果関係が示されていないこと

など、問題点の多い仮説であることは確かである。
もちろん上記仮説を証明する為に努力することもできるが、万が一証明できたとしてそれがなんだというのだ。
河童に売れる商品を新たに開発するとか?きゅうりでも栽培しちゃう?
このようなリサーチに時間を費やすよりは、仮説に対しての反証を用意し、別のアプローチからの考察を促した方が有益な結果をもたらすはずだとA君は考えた。
もちろんこのような反証は「悪魔の証明」になってしまうわけだが、ビジネスは科学ではない。ある程度の根拠があればクライアントも動くだろうと思ったのだ。
そこでA君は日本人の大半が河童ではないという空しい反証を生物学的根拠に基づいて作成、もうちっとましな新しい仮説を持ってクライアントのもとを訪れたのである。
したら。
「わかってないねー、君は。相手は河童なんだから超電磁フィールドとか出しちゃうわけよ。皮膚から、じわーって。で、人間に化けてんの。わかる?生物学的根拠なんてばんばん無視できるわけ。そんでもって、国会なんかにも河童はかなり入り込んでて、日本を牛耳ってんのよ。そんなんだからさあ、うちの商品なんて当然見向きもしないわけ。そういう現状把握してる?ね?次はちゃんと考えてさあ、もすこしましな提案持ってきてよ」
まあ、多少極端な例ではあるが、こういうのをアドホックな仮説(Ad hoc hypothesis)という。
ある仮説が反証されたときに、その反証を否定するためにその理論に後から付け加えられ、反証可能性を損なう補助仮説のことである。
そもそもクライアントは商品の売上低迷を改善するべくA君に相談をもちかけ、仮説もその原因を探ることが目的だったはずなのだが、いつの間にか日本人の大半が河童であるという説を押し通すこと自体が目的にすりかわってしまっている。
大体なんだ、超電磁フィールドって。
こういう社員を持ってしまった企業は不幸だけれど、まともに相手をさせられるコンサルタントはもっと不幸である。
こんなことを書くと、「何が不幸なんだ。関係者全員がドMで喜んでいるかもしれないじゃないか」という反証をするひとがあるかもしれないけれど、それには以下のアドホックな仮説を持って対抗したい。
「彼らは全員河童です。皮膚から放出される超電磁フィールドは非合理的なオーダーや、空しい感情を嫌います」

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://yokey.blog90.fc2.com/tb.php/439-fb7be92e
Listed below are links to weblogs that reference
ad hoc hypothesis from 高円寺鶏

Home > 鶏頭かく語りき > ad hoc hypothesis

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。