Home > スポンサー広告 > 『高円寺 砂場』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://yokey.blog90.fc2.com/tb.php/614-f553486b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 高円寺鶏

Home > スポンサー広告 > 『高円寺 砂場』

Home > 高円寺飯 > 『高円寺 砂場』

『高円寺 砂場』

蕎麦の「暖簾御三家」と言えば、更科・藪・砂場ということになるわけだけれど、その名を冠した店は今や日本全国に散在していて、もはや何が直系で何がそうでないのかは良く分からないことになっているらしい。
のだけれど、まあわたくしは別に蕎麦通ではないので、「ここのは更科粉が…」とか「出汁に対する本がえしが…」とか「フィジー諸島共和国の首都は…」といったようなマニアックなことはあまりわからない。
だが、そんな蕎麦音痴のわたくしは、こないだある事実に気付いてしまった。
ちょっと意外な話なので心して聞いて欲しい。
その事実と言うのは、「高円寺には更科・藪・砂場と、暖簾御三家の名を冠する店が揃っている」という事である。
「…だからなに?」とか「そんなこと知っとるわ」とか「フィジー諸島共和国の首都はソバじゃなくてスバだから」と言うようなご意見もあろうかとは思うが、この事実に気付いた時のわたくしは「おっ、そんなことに気付くなんて、我ながらちょいちょい粋なんやない?そうなんやない?杉浦日向子の百日紅でも読み返したろうかしらん」などと思ってしまったのである。単純だから。
で、そんなことを考えてたらどうしても蕎麦を食べたいような気持ちになり、以前に高円寺のへは行ったことがあったので、そんじゃ本日は砂場で食べ比べでもしてみっか。おっかあ行ってくるぜ、ってな仕儀に相成り、おいらは肩で風を切って高南通りにある蕎麦屋へへえったのさ。ずー。(注釈:偽江戸っ子口調。「ずー」は手鼻)
で、店のおばちゃんに「鴨せいろと酒!」などと威勢良く頼んだものの、蕎麦が出てきた時点で、
「あれ?食べ比べって言っても、そういえば私蕎麦音痴だからよくわかんなーい。マジきもーい」
などと急速に女子高生口調でトーンダウンし、蘊蓄も語らぬまま黙々と蕎麦を食したのである。

でも、せっかく高円寺の藪と砂場を訪れたので、次回は懲りずに更科を襲撃する予定です。
蕎麦好きは首を洗って待て!チャーミーグリーンで!

RIMG2943.jpg
納豆おろし、450円。

RIMG2945.jpg
本鴨せいろ、980円。味はまずまずといったところ。

RIMG2953.jpg
三味せいろ、980円。うーん、味は別に普通だけど、洗い物が大変そうだよね。

RIMG2937.jpg

RIMG2938.jpg
中庭がある。


住所:杉並区高円寺南2-14-10
category:和食

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://yokey.blog90.fc2.com/tb.php/614-f553486b
Listed below are links to weblogs that reference
『高円寺 砂場』 from 高円寺鶏

Home > 高円寺飯 > 『高円寺 砂場』

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。